スタッフブログ

STAFF BLOG
スタッフブログ

  • 食べて予防☆
    2022年05月16日 17:09
    ブログ画像5月に入り暖かく過ごしやすい日が続いていますが、皆さん紫外線対策はされていますか?

    紫外線というと強い日差しが照りつける夏のイメージが強いかもしれませんが、5月になるとUV指数が「非常に強い」日が出始めるので、1年の中でもこの時期は紫外線対策をしっかりと行うことが大切です(*^▽^*)

    紫外線にはUV-A波とUV-B波の2種類があり、シミやシワ、たるみの原因になるのはUV-A。
    4月から急激に増えて5月が年間で最大量降り注ぐといわれています。

    ※老化の約80%が紫外線(光老化)による影響だといわれています!

    日焼け止めなどの外からの対策にプラス、カラダの内側からケアする「食事」でも紫外線対策を取り入れていきましょう♪


    紫外線にあたると「活性酸素」ができます。この活性酸素は、しみ・しわ・たるみなどの原因となるメラニン生成を促進します。
    これらの働きを抑えるのが、抗酸化作用のある食材と言われています。



    ●ビタミンA・C・E (エース)

    抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eを多く含む食材を摂取しましょう(^^)

    ・ビタミンA…皮膚の保護

    ニンジン、カボチャ、ほうれん草、ニラ、ブロッコリー、ピーマン、小松菜にどの緑黄色野菜。鰻、銀たら、アナゴなどの魚類。

    ・ビタミンC…シミそばかすの予防

    赤ピーマン、トマト、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤなどの新鮮な旬の野菜。
    柿、キウイフルーツ、いちごなど季節の果物。
    さつまいも、じゃがいもなどの芋類。

    ・ビタミンE…肌の老化予防

    アーモンド、くるみなどのナッツ類。
    鮭、さば、さんま、鰻などの魚類。
    カボチャ、モロヘイヤ、赤ピーマン、小松菜などの緑黄色野菜。


    肌は内臓を映す鏡ともいわれています☆
    身体の内側から綺麗になるとお肌も美しくなるので、抗酸化作用のある食材で紫外線対策をしっかりしていきましょう。
  • 雨の日が続きますね…。
    2022年05月13日 18:30
    ブログ画像こんにちは!
    雨の日が続く中
    疲労も蓄積されますよね…。

    ご自宅でも簡単に出来るケアを紹介致します。

    お風呂

    38~40度ぐらいのぬるめの炭酸浴

    炭酸ガス入りの入浴剤を入れて、ゆっくりリラックス。
    しゅわしゅわの炭酸ガスが温浴効果を高めて血行を促進し
    1日の疲れを和らげてくれます。

    寝る前に、蒸しタオルで目もとを温める。
    照明を消したあとはスマホを見ない。

    自分で押せる手のツボ

    親指と人差し指の間にある
    ○合谷ごうこく
    肩こり、目の疲れ
    腰痛、かぜ、花粉症
    二日酔い、緊張、下痢、便秘

    小指の第一間接
    ○小骨空しょうこっくう
    目の疲れ

    小指の爪はじ
    ○小衝しょうしょう
    のぼせ、動悸、不安、緊張

    ○小沢しょうたく
    首・肩の凝り

    1箇所10-15秒を目安に押します!

    不調を感じたら、早めの対策が肝心です。

    本日も元気に営業中~!
    皆様のご来店心よりお待ちしております♪
ページの先頭へ戻る